年末に結婚というビッグニュースで、

女性たちに衝撃を与えた西島ショック

西島秀俊

結婚相手は「小雪似」の森あやか!?

干された5年間世界のたけしが救った?!

 

スポンサーリンク

西島秀俊 プロフィール

HLzVO5Elt4GRkQP_E5O1E_254

 

 

 

 

生年月日:1971年3月29日

血液型:A型

身長:178cm

出身:東京都

出身校:横浜国立大学生産工学部中退

東京アクターズスタジオ1期生で、1992年に『はぐれ刑事純情派5』で俳優デビューし、

1993年に木村拓也と共演した『あすなろ白書』で一躍人気者になりました。

その後もドラマ、映画にと出演し、着実に実力派俳優として地位を築いていきます。

名門一貫校である桐明中学・高校を卒業後

大学は「横浜国立大の生産工学科」に進学。

ただ西島さんは大学を中退しています。

在学中に「映画関係の仕事に携わりたい」と考えたいと思っていたところに

知人のツテで「俳優のオーディション」を受けて見事合格。それを決意に

大学を中退し、役者の道に進むことに。

両親から反対の声は一切なく誰よりも応援していたようです。

2012年から交際がスクープされて、

約2年間の交際期間を経て結婚しました。

動画 西島秀俊、「新婚生活は幸せ?」に笑顔で会釈

5年間干されてた?!

@p-225x300

デビュー後の1993年にはドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)で、

木村拓哉さんらと並んでメインキャストを務め、ブレイクします。

しかし、そのブレイクは、彼が思い描いていたのとはかけ離れたものだったようです。

もともと西島さんは本格的な映画俳優を目指していました。

でも、『あすなろ白書』でブレイクしたことで、アイドル的な扱いをされるようになった。

やりたいことをやる”がポリシーだった当時の西島さんは、

テレビドラマの世界から離れるようになり、1997年から2002年までの

5年間テレビ出演“0”という時期を過ごします。

その間、小さな映画では何本か主演を務めるなど、映画俳優として着実に

ステップアップしていったのですが、ヒットに恵まれることはありませんでした。

役者としての岐路に立っていたその西島さんにビッグチャンスを与えたのが、

世界のキタノ、北野武監督でした。

1997年、『HANA-BI』でベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞し、

世界から注目を集めていた北野作品・『Dolls』に大抜擢され、ふたたび

日の目をみる事になりました。

西島秀俊の嫁はプロ彼女!?

h3

お二人の出会いは「コンパ」だったという可能性が高いとされています。

意外だな~と思う方もいると思いますが、西島さんは「大のコンパ好き」

としてかなり有名ですww

また奥さんの職業が、日産自動車のコンパニオンミスフェアレディー」の

メンバーということも発覚しました。

西島秀俊の嫁「森あやか」さんのプロフィール

72513e84

 

 

 

 

 

 

 

名前:森あやか

性別:女性

誕生日:1987年8月27日

血液型:O型

趣味:ファッション ・クッキング・ペット

そんな西島秀俊の嫁「森あやか」さんはなんでプロ彼女なのでしょう?

プロ彼女とは、“非の打ち所がない彼女”のこと。容姿端麗で性格も完璧。

芸能人と交際してもブログで明かさず、陰ながら支えて カレの株を上げてくれる

一般人女性です。

スポンサーリンク

西島さんの結婚観について、ある、雑誌で「厳し過ぎる結婚の7条件」を

自身が報じています。いずれもかつて彼自身が語っていたことですが

総合すると次のとおりです。

1、仕事のワガママは許すこと
2、映画鑑賞についてこない
3、目標を持ち一生懸命な女性
4、“いつも一緒”を求めない
5、女の心理の理解を求めない
6、メール返信がなくてもOK
7、1カ月半会話なしでも我慢すること

一度は西島さんの交際報道でドン底へと叩き落されたファンたちでしたが、

この、厳し過ぎる条件を見てからは「これなら大丈夫ね。こんな難題に

耐えられる女性なんて、いないはず」という安堵の声も上がっていた。

しかし、森あやかさんはそれらに耐え条件をクリアしてきたのです。

「あやかさんは仕事熱心で職場での評価も高く、その上、私生活では

ストイックな西島さんの徹底した食事管理をこなしていました。

あまりの 女子力の高さに、ネット上では“プロ彼女”の声も上がっています」
(前出・芸能関係者)

西島ファンの方、耐えてプロ彼女になれますかww

a8d70355

西島さんの魅力についてイケメン評論家の沖直実さんのコメントです。

「西島さんはイケメン特有のキラキラ感がない(笑い)。枯れた味わいが

あって親近感が持てるんです。

でも、脱いだら(ムキムキの体で)全く普通の中年じゃないみたいな。

それと出しゃばった感じがないのも素敵です。だから陽が当たってるのに、

いつも日陰にいるという“引きの美しさ”がありますよね」

どこまでもストイック。そこが魅力的な西島秀俊さんでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でfukuをフォローしよう!